2011年07月21日

産み分けに必要な事は?!

産み分けに必要な事は、
とにかくX精子、Y精子のどちらを作るかを意識する事です。

一番簡単な方法は、グリーンゼリーやピンクゼリーなどを使って、
女性の体内の液性を変える事です。
ピンクゼリーやグリーンゼリーをチャレンジ前に女性の体内に入れる事で、
女の子や男の子が生まれやすくなります。
しかし、これは病院で処方してもらわなくてはならず、
毎回買うのは大変・・・という意見もあります。

そこで、産み分けに必要な知識を読んで、
X精子、Y精子のどちらを残すかをしっかり考えなければなりません。

基礎体温や、精子の特徴など、
様々な要因をしっかり理解して、
取り組んでいくことが必要でしょう。

排卵検査薬は、過去のデータと比べるために、
唾液検査を使ってシダ模様がどれくらい混ざっているかをチェックします。
そして尿検査の陽性反応が出てない、ということも確かめて下さい。
posted by テスト at 04:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

男女の産み分けに必要な知識

男女の産み分けってどうやったらできるのかなーと色々調べてみたんですが、
赤ちゃんの性別って精子と卵子が受精した時に既に決まっているらしいです。


正確には、精子が男か女かを決めるみたいです。


遺伝的には、XXが女、XYが男(つまりYが優性遺伝子)なわけですが、
このY遺伝子を精子が持っているかで男女が決まるみたいです。


では、具体的にどうやって精子を選別するのかと言うと、
女性の膣内が酸性かアルカリ性かで決まるそうなのです!


つまり、液性を変える事で、赤ちゃんの性別を自分で決める事ができるというワケですね。
男女の産み分けのまとめで、赤ちゃんの性別を決める方法が具体的に説明されていて、非常に勉強になりました。


2人とも同じ性別、、とかイヤだし、これは実践する価値アリですね!!
posted by テスト at 03:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

男女の産み分けは勉強した方がいい

はじめまして。

このブログでは、男女の産み分けについて、
勉強した事を書いていこうと思います。


私は子供を3人くらいは欲しいと思ってるんですが、
やはり男・男・男、、はイヤで・・・
かと言って全員女ってのもイヤなんですよね。


だって血族が耐えるから(笑)


でも、3人とも同じになる確率って25%もあるんですよ!
(全部で8通りで、そのうち2通りなので1/4です)


だから、今から産み分けをする事を学ぶのって大事な事だな〜って思ったわけです。


ところで、そもそも男女の産み分けなんてできるのでしょうか?


そこから、話していきたいと思います。
posted by テスト at 00:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。